石川県森林組合連合会紹介

  • お問い合わせ
  • リンク集

森林組合は、こんな活動をしています。

森を守り、育てています
人の手で守り育てていく森林。苗木の植え付け、その生育をを妨げる雑草木の下刈り、つる切りや灌木などの除伐、枝を落として上質な木に育てる枝打ち、込み入った木々の密度を調整する間伐とさまざまな作業を行っています。そして、40~80年経た木を伐採して木材として利用していきます。
植林
伐採後の地面をきれいに地ごしらえして直ちに植林を行い、循環型の森林経営を目指しています。
間伐
成長して木々が混み合った森林は、林内に光が届かないため植物が育たず、地面がむき出しになって荒れます。そこで、一部の木を伐り、密度を調整します。
下刈り
苗木の植え付け後の数年間は、周りの雑草木が苗木の生育を妨げないように刈り取ります。
主伐
40~80年の長い年月を経て育った木を伐り倒し、木材として利用していきます。
マツクイムシなどの病虫害は、地域の森林に重大な被害をもたらします。その防除を、森林組合が担っています。また、最近では、森林ボランティアへの技術協力なども行っています。
木材の生産、販売しています。
木を伐採し、原木を市場に集めて販売するまでを、森林組合がお手伝いしています。原木を柱などの建築材に加工する工場を持っている森林組合もあります。さらに、地域の材を利用した住宅の販売まで手がけているところもあり、顔の見える関係での家づくりを希望する人に産直住宅として人気です。
40~80年かけて育った木を伐採。
伐採された原木は市場に集められます。
伐採から流通まで一体化することで、安定供給につとめています。
適切に森林を管理するため、また効率の良い作業を行って木材生産の低コスト化を図るため、 林業の整備を進めています。また、高性能林業機械を利用した森林作業は作業の効率化を進めるとともに安全で若い人にも魅力ある労働環境を生み出しています。
伐採した木の集材から枝払い、玉切りなどの造材を機械化。作業効率化とコストダウンを図っています。
計画的な路網の整備により、効率的な林業機械の導入が可能になります。
保険の取り扱いや、資金の貸し付けも行っています。
長年かけて育ててきた森林が、台風や山火事などの災害によって、大きな被害を受けることもあります。そのため、森林国営保険などの取り扱いも森林組合で行っています。また、林業経営に必要な各種資金の貸付なども行っています。
情報提供や森林管理の相談にお応えしています。
森林組合では、森林所有者に対して、林業経営についての情報を提供するほか、長年のノウハウを活かしてご相談にお応えしています。また、行政の補助事業や融資などについての窓口にもなっています。
GISにより地域森林資源の管理を行います。森林資源や境界線などの調査を行い、地域の適切な森林管理に努めています。
不在村森林所有者のための「ふるさと森林会議」も開催しています。
GPSを利用して森林内での位置確認やモニタリング調査などを行うこともあります。
年々、増加傾向にある不在村森林所有者の森林管理を支援するため、依頼に応じて森林の管理を支援し、長期間の施業を引き受けています。さらに、都市の不在村森林所有者のために、説明会(ふるさと森林会議)も開催しています。

森林組合Q&A

Q. 森林組合って、お役所なの?
A. いいえ、協同組合です。
森林組合は行政機関ではありません。農協や漁協、生協と同じように、森林の所有者である組合員が出資してみんなで利用する、法律(森林組合法)で定められた協同組合です。
Q. 組合員になると、どんなメリットがあるの?
A. 組合員価格や補助、融資が受けられるメリットがあります。
組合員の資格があるのは、森林の所有者である個人や法人です。 組合に加入するには、所有している森林の地域を管轄している森林組合にお問い合わせいただき、加入手続き(書類の提出、出資金の払い込みなど)をしてください。なお、森林の所有者でなくても、林業を行っていたり、従事している人、また組合の施設利用者なら、准組合員として加入できます。ただし、組合ごとに、所有面積などの資格要件が異なりますので、加入しようとしている組合で確認するとよいでしょう。
Q. 組合員になると、どんなメリットがあるの?
A. 組合員価格や補助、融資が受けられるメリットがあります。
森林組合に間伐などの森林整備を依頼した場合、手数料を低価格に設定した組合員単価が適用されます。さらに、間伐材などの原木の生産がある場合には、市場にかけられ、手数料や諸経費を差し引いた額が還元されます。また、国や県からの各種の補助事業や融資、制度資金の適用が受けられます。
Q. 林業の現場で働きたいのですが?
A. 森林組合や林業労働力確保支援センターに相談してください。
森林組合では、多くの技術者が林業の現場で活躍しています。また、1年間の実施研修が受けられる「緑の雇用担い手対策事業」を実施している森林組合もあります。お近くの森林組合や都道府県ごとに設置されている「林業労働力確保支援センター」にお問い合わせするとよいでしょう。
(参考:http://www.ringyou.net/

会員紹介

石川県の土地利用(県土面積419千ha)
  • 森林:287千ha(69%)『民有林252千ha、国有林35千ha』
  • 耕地:44千ha(10%)
  • その他:88千ha(21%)
※石川県森林・林業要覧(H18)による

森林組合所在地

かが森林組合
本所
小松支所
〒923-0181 小松市長谷町ヨ244番地
TEL:0761-46-1341
FAX:0761-46-1177
ホームページ:http://www.kaga-forest.or.jp/
金沢森林組合
本所
金沢支所
〒920-1301 金沢市永安町77番地
TEL:076-229-1131
FAX:076-229-1083
ホームページ:http://www.kanazawa-forest.com/
中能登森林組合
本所
羽咋支所
〒925-0001 羽咋市柴垣町10字105番地
TEL:0767-22-8891
FAX:0767-22-8912
能登森林組合
〒927-0023 鳳珠郡穴水町字麦ケ浦17字5番地
TEL:0768-52-0316
FAX:0768-52-8178
ページの先頭へ